2015/09/29

あつらえ家具のつくり方〈後編〉

6月にご依頼いただいた、一枚板のTV台が完成、8月下旬にお届けいたしました。
まずは見事な出来栄えをご覧ください





大型のTVが小さく見えますね。ウーハーがきっちりおさまっているのは
最初からの計画通りです。おみごとです。

S様のお部屋はいつも大変美しく整えられ
気持ち良すぎてお伺いするたびに長居してしまいます。




お届の時に、ソファーの前においてみました。
テーブルとしても丁度良い高さで、S様も『おっ!!テーブルでもいける』とのご感想。



 
 
自然が作り上げる美しさは神秘的です
ウォールナットの板も
実はいろいろな色味が幾重にも重なり
深い色、味わいを醸し出します。
 
この色の多重奏がどんな色合いのお部屋にも
なじんでゆくのです
 
 
 




今回のTV台は、S様の一枚のスケッチから始まり、板さがし、模型作りと
一つ一つ手作りですすめました。







特に製作に苦労したのが
テツアシ、厚い鉄を局面に仕上げるところです。

何社にも『できない』と断られながら
工房の知り合いの鉄工所さんが
挑戦してくれました。


鉄は熱を加えると歪んでしまうので、美しい局面を出すのは、とっても難しいそうです。
段ボールの模型は簡単だったのですが、挑戦してくれた鉄工所さんに感謝です。


           

出来上がったテツアシと《おーいお茶》の模型
 
 
 
 
 
これから新しいご家族が増え、ますます お幸せなS様
また遊びにいらしてくださいね。
 
ありがとうございます。
 
aiko